使い分けると便利!トランクルームの種類をチェックしておこう

屋内タイプのトランクルームはこんな使い方がおすすめです

トランクルームには屋内タイプと屋外タイプがあるという事を知っていますか?屋内タイプのトランクルームは、ビルの一室で運営されているのが特徴です。そして、このタイプのトランクルームは決められた空間の中なら自由に使うことが出来ますので、パーテーションを使って間仕切りする使い方も出来ます。また、自宅に入りきらない洋服を収納したいという時には、ウォークインクローゼットになっているトランクルームを選びましょう。その他、気温差や湿度変化に弱い物の収納先としても屋内タイプのトランクルームはオススメです。出入りは自由になっているケースが多いですが、これは運営元によって異なります。室内への出入りに制限があるかないか、契約前に確認しておきましょう。

屋外タイプのトランクルームは大きな物の収納先におすすめです

では、屋外タイプのトランクルームはどういった使い方が出来るのでしょうか?屋外タイプのトランクルームは、外の駐車場のような場所に2畳~3畳ほどのコンテナが積まれています。屋内タイプのように温度管理がされていない事が特徴ですので、温度や湿度変化に影響のないものを収納したい時に使いましょう。冬タイヤやノーマルタイヤの収納先として利用する方が多いようですが、使っていないエアコンやエアコンの室外機を収納したいという場合にもおすすめです。タイヤやエアコンの収納先としてオススメする理由は、屋内タイプと異なり比較的スペースに余裕があるからです。温度変化や湿度変化に影響のないものや、大きなものを収納したいという時に屋外タイプのトランクルームを選びましょう。

自宅に物を置くスペースがないのならレンタルコンテナを使いましょう。コンテナの中に所持品を収納して保管できます。

© Copyright The Trunk Room. All Rights Reserved.